ボトックス副作用を調べよう【修正する治療を受けて治す】

女性

施術後の皮下出血や腫れ

美容整形

場合によっては出ない事も

顔のシワ取りや四角く張ったエラをなくす効果のあるボトックス注射。気になるけれども副作用などが心配だという人もかなりいるはずです。ボトックス副作用としては術後の皮下出血や筋力の低下などがあり、これは数日程度でなくなります。まれに頭痛や発疹、めまいといったボトックス副作用が出る人もいますがこれも心配するほどのものではなく、すぐに症状は治まってきます。心配な場合は医師に相談してみる事をおすすめしますが、深刻なボトックス副作用はほとんどありません。ボトックス治療の流れは、まずカウンセリングを受けたあと医師の診察が行われます。カウンセリングはクリニックのスタッフや医師が行います。そして施術は麻酔をかけた後、ボトックス注射をして終わりです。麻酔が効いてくるまでに数十分ほど時間がかかることもありますが、注射だけなら1ヶ所5分程度です。治療後はメイクをしてすぐに帰ることができます。家に帰ってから洗顔をしたりシャワーを浴びたりすることも可能です。ただ洗顔をする際には注射した部分を強くこすると薬液がひろがってしまうので注意が必要です。ボトックス注射をする際にはクリニック選びが大切です。医師によってボトックス注射の知識やスキルはそれぞれ違うからです。同じ薬液を使っていても注射する部位や薬液の量などによって仕上がりはかなり違ってくることもあります。またボトックス副作用としては内出血や腫れなどがありますが、腕の良い医師ならこれらがほとんど出ない場合もあります。そのほかにボトックス副作用として考えられるのは表情がうまくつくれなくなるといったことです。ボトックスは表情筋を弛緩させることによりシワを消す効果があります。薬液の量が多すぎたり注射箇所によっては術後、数日程度は表情が出しづらくなったりすることも希にあります。しかし技術の高い医師ならそのような心配もないと言っていいでしょう。また経験を積んだ医師なら少ない薬液の量で十分な効果を出すこともできます。薬液が少なければ体への負担も減り費用も安くすることができます。口コミなどで人気が高く料金も明確にしているクリニックは選ぶ際の基準になります。