ボトックス副作用を調べよう【修正する治療を受けて治す】

女性

筋肉のつっぱりを治す

注射

医師と相談して治療

ボトックスというと、シワ取りといった美容整形での認知度の方が高いですが、実は身体の痙縮(筋肉のつっぱり)をやわらげる治療に使われており、医療にとってなくてはならない治療方法なのです。具体的には脳梗塞や脳卒中などの疾患で後遺症として生じる上肢、下肢の痙縮や眼瞼痙攣(メージュ症候群)に対する治療に使用されます。ボツリヌス菌を注射することで、その神経毒が筋肉の緊張をやわらげ麻痺を起こします。効果は注射後2?3日目から現れ、3?4ヶ月持続します。その際、赤みや痛みといったボトックス副作用が出ることがありますが一時的なもので徐々に軽減されていきます。2回目はボトックス副作用の症状も見ながら医師と相談して治療に当たっていきます。注射後は強張っていた手足が伸ばせるようになり、日常生活が楽になってきます。また固まって動かなくなっていた関節の変形も防ぐことができます。ボツリヌス菌は神経ではなく筋肉にする注射なので難易度は低く安心して受けられる治療と言えるでしょう。ボトックス副作用でよく見られるのは、注射箇所の赤みや痛みですが初めての治療は症状が出やすくなります。2回目の投与からはあまり見られません。ごく稀に強い吐き気や立っていられないほどの身体のだるさ、呼吸困難を訴える方がいます。これらの症状が出たらすぐに医師に相談してください。ショックやアナフィラキシーなどの初期症状の可能性があります。また眼瞼痙攣の方は、眼の周りに注射するため瞼が閉じにくくなったり、眼の乾きやピントが合わないといった症状が出たりすることもあります。これらも一時的なもので心配は要りません。ボトックス副作用ではありませんが、投与を続けていくと抗体ができてボツリヌス菌が効きにくくなることがあります。このような事態を避けるために投与の間隔は最低でも3ヶ月は開けるようにします。いづれにしても年に数回は受けることになる治療です。リハビリテーションを同時に継続的に行うことで効果がより期待できますので、医師と経過観察をしながら治療にあたってください。